GBR法とは

GBR法とは、「Guided Bone Regeneration」の略称で、日本では「骨誘導再生法」ともよばれています。

歯科医師から、歯を失った患部に「インプラント体(人工歯根)」を埋め込めるほどの、骨の厚みや高さがないと判断された場合に行う治療法です。

骨の厚みや高さが不十分だと、インプラント体が骨の中に収まりきらず、骨からはみ出して歯肉から露出してしまうケースがあります。
見た目が悪いだけでなく、本来は骨と結合していなければならない部分が露出しているため、インプラントの脱落や衛生面に配慮が必要です。
GBR法は、そのような患者様がインプラント治療を受けるために必要な治療法なのです。

GBR法の流れ

GBR法の治療の流れを、以下で詳しく解説します。

手順①自家骨の採取

骨造成の際に自分の骨を希望する場合は、自家骨の採取を行います。
採取する骨の箇所は、下顎の先端や下顎の奥歯の外側が一般的です。

手順②インプラント体の埋入

次に、歯を失った患部の歯茎を切開し、骨に穴をあけてインプラント体を埋入します。

骨の厚みや高さが十分であればインプラント体は骨に収まるため、GBR法は不要です。
反対に、骨の量が不足している場合は、インプラント体の一部が骨から露出した状態になります。

手順③自家骨あるいは骨補填材の充填

続いて、インプラント体が露出している部分に、採取してから砕いた自家骨や、骨補填剤の充填を行い、メンブレン膜という人工の膜を使って患部を覆います。

手順④歯茎の縫合

メンブレン膜で骨の材料を覆ったあとは、歯茎を縫合します。
患部の骨の状態によって異なりますが、骨がきちんと再生されるまでには6~10か月程度の時間がかかるので、患部に細菌が入り込まないようにして待つ必要があります。

骨の再生を妨げないためにも、患部にできるだけ触れないように気をつけて過ごしましょう。

手順⑤人工歯の装着

骨が造られ、埋入したインプラント体が定着したら、歯茎を再び切開して「アバットメント(土台)」をインプラント体に接続します。
そのあと、アバットメントに「人工歯(被せもの)」を装着して、治療は完了です。

GBR法で治療した際の腫れや痛みについては「インプラント治療でGBR法を行った際に、腫れや痛みは起きますか?
」をご覧ください。

GBR法のメリット・デメリット

GBR法を用いたインプラント治療のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

GBR法は、患部に十分な骨がない場合に行うので、歯を失った部分の骨が溶けたり、痩せ細ったりしている方でも治療できます。
つまり、患部の骨の状態が悪くても、インプラント治療ができるようになる、という点がメリットです。

また、GBR法によって、周囲の骨がしっかりとインプラントを支えるので、インプラントを長持ちさせることにもつながります。

デメリット

一方で、GBR法にはデメリットもあります。
まず、骨の再生を待つ必要があるため、長期間の治療になる点です。
それにともない、ご自身でのケアや、歯科医院でのメンテナンスも長期にわたって必要になります。

また、自家骨を再生材料に使用する場合は、下顎から骨を採取する手術を要するため、身体への負担が大きい点もデメリットです。

GBR法とは骨を再生させてインプラント治療を可能にするための治療のこと

今回は、GBR法について詳しく解説しました。

GBR法は、インプラント治療を可能にする医療技術ですが、治療が長期にわたるなどのデメリットを考慮しなければなりません。
GBR法が必要になった場合は、担当の歯科医師とよく相談して、治療の流れやメリット・デメリットを聞き、不安要素を取り除いたうえで治療を受けましょう。

きぬた歯科では、患者様にご満足いただけるように、最適なインプラント治療の提案と施術を行っています。
インプラント治療に不安のある方は、お気軽にご相談ください。

監修者情報

日本歯科大学新潟生命歯学部を卒業後、インプラント治療に従事。現在では年間3000本以上のインプラント治療の実績がある。

日本でインプラント治療が黎明期だったころからパイオニアとして活躍し、インプラントメーカーのストローマン社やノーベルバイオケア社から公認インストラクターの資格を得た。

本の執筆やTV・雑誌などのメディア出演、自身のYouTubeチャンネルなどで情報発信を積極的に行っている。

<主な著書>
インプラント治療は史上最強のストローマンにしなさい!!
歯医者が受けたい!インプラント治療
あっそのインプラント、危険です!!

<YouTubeチャンネル>
八王子きぬた歯科