インプラントの歴史:紀元前

紀元前にも、現代のインプラント治療に該当するような行為が行われていたということが、さまざまな研究からわかっています。
たとえば、インカ文明やエジプト文明のミイラでは歯の抜けた部分に象牙や宝石でできた歯のようなものが埋め込まれていたという例があるようです。
ただし、これらは現代で行われているような治療としてではなく、儀式の一環として死後に埋め込まれているという見方もできます。

そのうえで、今からおよそ1,300年前と推定されるヤマ族のミイラでは、歯根と一体化した貝殻が埋め込まれていることが発見されているのです。
埋め込まれた貝殻が歯根と一体化しているということは、死後の儀式ではなく、生前に行われたものだということがわかります。
つまり、現代で行われているインプラントの治療とほぼ同じようなことは、1,000年以上も前に既に行われていた可能性が高いということです。

 

インプラントの歴史:チタン製インプラントの誕生

現代では、チタン製のインプラントが主流となっていますが、従来はステンレスやコバルト、菌などほかの素材が使われていました。
しかし、どの素材もあまり良い結果を残せなかったため、自然と淘汰されていったようです。

そして、1965年とずいぶん最近になってから、ついにチタン製のインプラントが誕生したのですが、これは偶然のような経緯で生まれました。

 

ブローネマルク教授によるチタンの骨結合の発見

チタン製のインプラントを生み出したのは、スイスの応用生体工学研究所の所長であった、ペル・イングヴァール・ブローネマルク教授です。

1952年のある日、ブローネマルク教授は骨髄の役割を調べる研究を行っていました。
ウサギの骨にチタン製の器具を埋め込んで経過を観察し、実験が終わったので器具を外そうとしたところ、骨とチタンがくっついて外すことができないという現象が起こりました。
ブローネマルク教授がこれまでに行ってきた実験で、ほかの素材でできた器具ではこのような現象はみられなかったそうです。

この偶然の出来事から、ブローネマルク教授は「チタンは骨と結合する特性をもっている」ということに気づきました。

 

世界で初めてのチタン製インプラント治療の成功

チタンの特性を発見したブローネマルク教授は、さまざまな実験を経て、チタンを歯科治療に応用するという考えに至りました。
これこそが、現代も用いられている、チタン製のインプラント体をあごの骨に埋め込むことによるインプラント治療です。

1965年に、34歳のスウェーデン人の男性に、世界で最初のチタン製のインプラント治療が行われました。
結果、手術は無事に成功。
この男性は施術を行った時点でも数本しか歯がなかったのですが、埋め込んだインプラント体はその後彼が亡くなるまでの42年間、機能し続けたのです。

この治療の成功をきっかけに、世界中でチタン製のインプラントが用いられ、インプラント治療そのものも広く普及することになりました。

 

インプラントの歴史:現在

スイスでは1965年にチタン製のインプラントを用いた世界初の治療が成功しましたが、このチタン製インプラントが日本に上陸したのは1983年と、18年もあとのことです。

なぜなら、日本では元々、人工サファイアを用いたインプラント治療が行われていたためです。
しかし、人工サファイアにはチタンのように骨と結合するという特性はないため、やはり治療結果はなかなか満足のいくものではありませんでした。
結果、インプラント治療そのものに対するマイナスイメージがついてしまっていたのです。

そんななか、東京歯科大学の小宮山弥太郎助教授がスイスに留学し、チタン製インプラントを生み出したブローネマルク教授から、その技術や考えを学んで日本に持ち帰りました。

そして、1990年に小宮山教授が日本初のチタン製インプラントを使用した治療施設である「ブローネマルク・インテグレイション・センター」を開業。
ここから、やっと日本でのチタン製インプラント治療が始まったのです。

インプラントにはどんな種類があるのでしょうか?

 

オールオン4の誕生

2000年代になると機能性と審美性を兼ね備えた「オールオン4」が誕生します。

オールオン4とは、最小で4本(多くて8本)のインプラントを使い、前歯から奥歯まで一体化した人工歯を装着する手法のことです。
インプラントの課題でもある長期間の治療を短縮できるのが最大のメリットで、最短で1日から行うことができます。

工程としては当日来院後、抜歯しインプラントの埋め込み、仮歯の装着までを1日で行うので、歯がない期間がないのです。
使用するインプラントの本数は顎骨の状態によっても異なるものの、骨の移植などは必要ないので、手軽に行えるのが魅力的。

これまでインプラントの歴史は、見た目よりも機能性重視の治療が中心でしたが、オールオン4誕生以降は、見た目の美しさにもこだわれるようになったのです。

現在のインプラント治療が確立されたのは1965年と、意外と歴史は浅い

今回は、インプラントの歴史を解説しました。

「歯が抜けた部分に疑似的な歯を埋め込む」という意味でのインプラントは、紀元前から行われていたという記録があります。
しかし、現在のようにチタン製インプラントを用いた治療が世界で初めて行われたのは1965年で、さらに日本で治療が始まったのは1990年。
インプラントは意外と歴史が浅く、比較的新しい治療方法ということがわかりました。

しかし、歴史こそ浅いとはいえ、インプラントは安全性・確実性が高い治療方法で、当院きぬた歯科でも年間3,000本の実績があります。
インプラント治療をご検討されている方は、25年の歴史のあるきぬた歯科までお気軽にご相談ください。

監修者情報

日本歯科大学新潟生命歯学部を卒業後、インプラント治療に従事。現在では年間3000本以上のインプラント治療の実績がある。

日本でインプラント治療が黎明期だったころからパイオニアとして活躍し、インプラントメーカーのストローマン社やノーベルバイオケア社から公認インストラクターの資格を得た。

本の執筆やTV・雑誌などのメディア出演、自身のYouTubeチャンネルなどで情報発信を積極的に行っている。

<主な著書>
インプラント治療は史上最強のストローマンにしなさい!!
歯医者が受けたい!インプラント治療
あっそのインプラント、危険です!!

<YouTubeチャンネル>
八王子きぬた歯科