なぜインプラントの治療期間に違いが生まれるのか

インプラントの治療期間の一般的な目安は3か月~1年程度ですが、4倍も差があるのはなぜなのでしょうか?
それは、歯肉の状態やあごの骨の密度など、お口のなかの環境は人によって大きく異なるためです。

インプラント治療では、歯が抜けてしまった場所の歯肉を切開し、その下にある骨に穴をあけて、金属でできたインプラント体を埋め込みます。
この埋め込んだインプラント体が、ほかの歯と同じようにしっかりと安定しなければ歯として使えないため、骨とインプラント体が結合することを待つ必要があるのです。

健康的な歯肉で、なおかつあごの骨も密度があれば2~3か月という比較的短期間で骨とインプラント体が結合します。
逆に、歯周病で歯肉が炎症を起こしている場合やあごの骨が溶けている場合、また骨粗しょう症などで骨密度が低い場合は骨とインプラント体の結合に時間がかかります。

また、あごの骨が少ない場合はインプラント治療とは別で、あごの骨を増やす治療や歯肉を移植する治療を行う可能性もあるため、その場合はさらに長い期間を要するでしょう。

インプラントの治療期間が延びる要因

インプラント手術の効果を適切に得るためには、あごの骨や歯肉の状態が健康であることが大切です。
そのため、もし骨や歯肉が一定の条件を満たしておらず、このままインプラント手術を行うのは難しいと医師から判断された場合は、別の手術を行うことがあります。
別の手術を行うということは、それだけインプラントの治療期間も長くなるということです。

そこで、ここからは、インプラント治療が伸びる要因となることの多い3つの手術を紹介します。

要因①サイナスリフト/ソケットリフト

上の歯でインプラント治療を行う場合、上あごの骨の厚みが十分な基準に達していないときには上あごの骨を増やす手術を行う必要があります。
インプラント治療において、上あごの骨を増やすときにはサイナスリフト、またはソケットリフトという手術を行うことが多いです。

サイナスリフトは元々歯が生えていた部分の側面に穴をあけ、移植骨を入れることで骨を増やせる手術で、4~7か月程度の期間がかかります。
ソケットリフトは、手術のために新しく穴をあける必要はなく、インプラント体を埋め込む穴から移植骨を入れる手術のため、インプラントの手術と同時に行えます。

要因②骨誘導再生手術(GBR法)

下のあごの骨の厚みや幅が足りない場合には、骨を再生させるためにGBR法と呼ばれる手術を行うことになります。
GBR法は、人工骨もしくはご自身のあごの骨の一部を埋め込み、特殊な人工膜で覆うことで骨の再生・成長を促すという手術です。

インプラントの手術と同時に行うため、手術日を別で設ける必要はありませんが、骨が成長してインプラント体が安定するようになるまで待つ必要があります。
そのため、ただインプラント手術を受けるだけの場合よりもインプラント体が安定するようになるまでやや時間を要することにはなります。
GBR法とインプラント手術を同時に行った場合、インプラント体が安定するまでの期間は人によって幅がありますが、およそ6~9か月程度が目安です。

要因③歯肉移植手術

たとえ、あごの骨が健康な状態であっても、重度の歯周病などが原因で歯肉が腫れ、下がってしまっている場合には、インプラント手術の前に歯肉移植手術を行う必要があります。

歯肉移植手術は、ご自身の上あごの裏側の歯肉を採取し、インプラント体を埋め込む箇所の周りに移植するという手術です。
上あごの歯肉は、どのような方でも基本的に固くて丈夫で、尚且つ範囲が広く採取しやすいため、移植手術に向いています。

歯肉を移植してから安定するまでの期間は1~2か月程度です。
インプラント体を埋め込む前にまず歯肉が安定している必要があるため、歯肉移植手術が終わってからインプラント手術を行うという順番になります。

インプラントの治療期間は人によって数か月単位で異なる

今回は、インプラントの治療期間の目安について解説しました。

インプラントの治療期間は、あくまでも目安とはいえ、その目安ですら3か月~1年と大きな幅があります。
これは、患者様の体質やお口のなかの状況によって、埋め込んだインプラント体が安定するまでの期間や、別途必要な手術の種類、またその治療にかかる期間が大きく異なるためです。

きぬた歯科では、最短2か月でインプラント治療が完了できます。
また、あごの骨が薄く他院で治療をお断りされた方でも、骨を増やす治療によって対応できる可能性があります。


インプラント治療に少しでも興味のある方は、ぜひ当院にご相談ください。