インプラント治療は金属アレルギーでも受けられる

金属アレルギーをお持ちの方は、チタンでできているインプラント治療を受けられるかどうか心配ですよね。

チタンは、金属のなかでも生体親和性と呼ばれる、人体に異物として認識されにくい性質を持つ金属です。
そのため、チタンはアレルギー反応が起きにくく、金属アレルギーの方でも基本的には問題なくインプラント治療を受けられます。

純度の高いチタンでインプラント治療をしよう

チタンは基本的にアレルギー反応が起きにくい金属ですが、インプラントにチタン以外の金属や不純物が混ざっていると、アレルギー反応が起きる可能性があります。

そのため、金属アレルギーが不安な方は、チタンの純度が高いインプラントを購入することをおすすめします。
メーカーや歯科医院で、取り扱っているインプラントにはさまざまな種類があるため、歯科医師と相談してインプラントを選びましょう。

チタン以外のインプラントの材料

金属アレルギーが心配な方には、非金属素材のインプラントもおすすめです。
以下に、非金属素材のインプラントの種類をまとめました。

非金属素材のインプラント

  • ジルコニア
  • オールセラミック
  • ハイブリッドセラミック

ジルコニアはセラミックの1種ですが、本物の歯のような美しさがあり審美性が高い素材です。
また、噛み合わせる歯に対して負担が少ないことも特徴だといえます。

オールセラミックは、セラミックのみでできたインプラントです。
摩耗しにくいことが特徴ですが、強い力で噛むと割れる可能性があるため、注意しましょう。

ハイブリッドセラミックは、プラスチックとセラミックが混ざった素材です。
摩耗しにくく低コストですが、経年劣化で変色してしまう点がデメリットです。

インプラント治療で金属アレルギーが発症することはある?

純チタンではない場合や微量な不純物がチタンに混ざっている場合、チタン本来の高い生体親和性が低くなるため、アレルギー反応が起きる可能性があります。
しかし、チタンにはもう1つ金属アレルギー症状を起こしにくい特徴があるので、ご安心ください。

チタンは空気に触れると酸化して、酸化被膜と呼ばれる膜を作ります。
この酸化被膜が、唾液やリンパ液といった体液からチタンの成分が流れることを防ぐため、アレルギー反応も起こりにくくなるのです。

そのため、インプラント治療をする際はアレルギー反応を起こす確率が非常に低い純チタンがおすすめです。

インプラント治療で金属アレルギーになった場合

もし、インプラントのチタンが原因で、金属アレルギーの症状が現れた場合は、インプラントを取り除かなければなりません。
以下に、金属アレルギーの主な症状をまとめました。

金属アレルギーの症状例

  • 全身の赤い腫れ
  • 全身の痛み
  • 全身のかゆみ
  • 口腔扁平苔癬
  • 掌蹠膿疱症

インプラントの金属によるアレルギー症状は、口の周りのみに現れるものではなく、全身に現れることが多いです。
口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)や、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)といった、治療が難しいアレルギー反応が起きる可能性もあります。

インプラント埋入後にアレルギー反応が現れたら、すぐに病院で診察してもらいましょう。

金属アレルギーが不安な場合は「パッチテスト」を受ける

インプラントの治療をする前に、金属アレルギーの反応が起きないか不安な方は、アレルギーのパッチテストを行うことがおすすめです。

インプラント治療や歯科治療で多く使用される金属の、アレルギーがないかどうかをパッチテストで確認をしてからインプラント治療をしましょう。
以下に、歯科治療で多く使用される金属をまとめました。

歯科治療で多く使われる金属

  • チタン
  • パラジウム
  • ニッケル
  • 第二水銀

チタンは生体親和性や骨との結合性に優れているためインプラントに使われる

いかがでしたでしょうか。

チタンは、直接骨と結合する性質を持っているため、インプラントの材料として多く使われています。
また、チタンは生体親和性が高く人体になじみやすい金属でもあります。

しかし、絶対にアレルギー反応が起こらないとは限りません。
事前にパッチテストを受けることや、純度の高いチタンをインプラントとして使用することでアレルギーのリスクを減らせます。

きぬた歯科では、インプラント治療を行うだけでなく、アフターフォローも充実しています。
金属アレルギーに関する不安やインプラント治療に不安のある方は、ぜひ当院へご相談ください。