インプラント治療を安くできるケース

基本的には、治療費を安くする方法はありません。
しかし、一定の条件を満たせば医療費控除を受けられ、治療費を安くできる可能性があります。

医療費控除とは、年間10万円以上の医療費を支払った場合に受けられる控除のことです。
インプラント治療も控除の対象になりますが、歯をきれいにするという目的では対象外の扱いとなります。
対象となるケースは、失った歯の機能を取り戻す手段としての治療の場合のみなので、すべてのケースで控除を受けられないという点では注意が必要です。

インプラントの治療費用

医療費控除の仕組み

医療費控除の額は「(医療費用の合計-10 万円)×所得税率」で求められ、高額納税者ほど手元に戻ってくる金額が高くなるような仕組みです。
また、医療費控除の申請は、確定申告が行われる毎年2月16日から3月15日までの1か月のあいだにできます。
万が一申告を忘れてしまった場合でも、医療費控除は5年前までさかのぼっての申告が可能です。

申請時に必要な書類は確定申告書・医療費控除の明細書・医療費通知(あれば)・治療費や交通費の領収書・源泉徴収票などです。
医療費控除を受けたい方は、確定申告が行われる期間内に漏れなく書類をそろえ、申請しましょう。

インプラント治療は医療費控除の対象ですか?

格安なインプラント治療をおすすめしない理由

歯科医院のなかには、一般的な治療費よりも格安な費用でインプラント治療を実施しているところも存在します。
しかし、そのような歯科医院での治療は、以下の3つの理由からおすすめできません。

理由①品質の低いインプラントを使っている

まず、理由の1つとして、使用しているインプラントの品質が低いということが挙げられます。
インプラントはあごの骨に金属製の人工歯根を埋め込むものなので、品質の低いインプラントを使用すると、あとになって体に悪影響を及ぼすリスクがあります。

理由②日本で未承認のインプラントを使っている

日本で未承認のインプラントを使っているというケースがあることも、格安なインプラント治療をおすすめできない理由です。

通常の歯科医院で使用されているインプラントは、国からの承認を得て使用許可が下りているものです。
一方で、国からの使用許可が出ていないものを使うと、インプラントを埋め込んだ部位に大きな痛みが生じたり、周りの歯にダメージを与えたりしてしまいます。

理由③医師に十分な実績がない

格安なインプラント治療をおすすめできない理由として、施術する医師に実績がない可能性があることも挙げられます。
実績のある歯科医院には患者が集まりやすいですが、当然ながら実績がないと集客は難しいです。
そのため、格安で治療を提供して集客する歯科医院もなかには存在します。

格安のインプラント治療のトラブル事例

過去には、格安のインプラント治療による死亡事故が発生したケースもあります。
具体的には、施術の経験が少ない医師がCTの事前検査を怠った結果、治療中に動脈を損傷させてしまい、出血多量で患者が亡くなってしまったという痛ましい事故です。

このように、インプラント治療は生命にも影響を及ぼしかねないリスクがある医療行為であるため、格安の治療を提供している歯科医院には注意しましょう。

格安のインプラント治療を提供している歯科医院はおすすめできない

いかがでしたでしょうか。

インプラント治療で治療費を安くする方法は、基本的にはありません。
ただし、失った歯の機能を取り戻すための治療を行う場合、医療費控除を受けられるので治療費を安くできます。
なお、歯をきれいにする目的での治療では控除を受けられないので、注意が必要です。

また、格安のインプラント治療を提供している歯科医院では、品質のよくないインプラントを使用している可能性があり、体に悪影響を及ぼすリスクがあります。
必ず、信頼性の高い医院で治療を受けるようにしましょう。

きぬた歯科は業界でトップクラスの実績を収めてきた歯科医院です。
インプラント治療に関心のある方は、実績のあるきぬた歯科まで!