インプラント治療を選ぶメリットはなんでしょうか?

歯を失ったときの治療法には、入れ歯治療とブリッジ治療、インプラント治療の3つがあります。
これら3つの治療法のなかでもインプラント治療が優れているところはどのようなものなのでしょうか。
ここからは、そのメリットを6つ紹介します。

メリット①健康な歯への影響が少ない

インプラント治療は、治療する対象の歯の周囲にある健康な歯への影響が少なくて済みます。

ブリッジ治療という治療法では、治療にあたって隣の歯をいくつか削らなくてはならないため、健康な歯が失われることになります。
その点、インプラント治療は健康な歯をそのままの状態にしておけるので、ほかの歯への影響が少ないということはメリットだといえるでしょう。

メリット②自然な見た目になる

インプラントは入れ歯やブリッジと比べると審美性(見た目の美しさ)が高いことが特徴です。

入れ歯の場合、種類によっては金属のバネが見えてしまうことがあり、ブリッジの場合も金属の歯を使うと目立つことがあります。
そのため、入れ歯やブリッジは審美性があまり高くないといわれています。

一方で、インプラントの場合は埋め込んだ人工歯を治療する人の歯の色に極限まで近づけられ、かつ変色しにくいという特性があるため審美性が高いです。
したがって、自然な見た目にすることができるという点でも、インプラント治療を選ぶメリットを感じられるでしょう。

メリット③咀嚼しやすい

咀嚼しやすいこともインプラント治療ならではのメリットの1つです。

たとえば、歯がまったく残っていないときに使う総入れ歯だと、自身の歯と比べて咀嚼しにくいというデメリットがあります。
一方のインプラントはあごの骨と結合して埋入されるので、総入れ歯よりも自身の歯に近い感覚で咀嚼することができます。
そのため、違和感なく咀嚼できることは、インプラント治療のメリットの1つだといえるでしょう。

メリット④セルフケアが簡単

インプラントは入れ歯やブリッジと比べると、セルフケアが簡単です。

入れ歯の場合、入れ歯を取り外してから入念に手洗いする必要があります。
また、ブリッジはその構造から歯垢がたまりやすいという特徴があるため、歯ブラシだけではなくデンタルフロスを用いて歯垢を取らなくてはなりません。

一方のインプラントは、基本的には通常の歯に対して行う歯磨きを行えば問題ないでしょう。
ただし、3~6か月に一度は歯医者でメンテナンスを受ける必要があることには注意が必要です。

メリット⑤あごの骨が細くなることを防げる

あごの骨が細くなることを防げることもまた、インプラント治療ならではのメリットだといえるでしょう。

人の骨は適度な負荷がかかっていないと細くなっていくようにできています。
あごの骨もまた同様で、咀嚼が少ないとあごの力は弱くなっていく一方です。

歯を失うと、失った部分での咀嚼が難しくなってその部分の筋力が衰えていき、老けた印象になってしまったり、あごの骨に歪みが生じたりする可能性があります。
そこで失った歯をインプラントにすれば、咀嚼に影響が出ないため、あごが細くなるリスクを最小限に抑えられます。

メリット⑥長持ちする

インプラントの寿命は10~15年程度であり、入れ歯やブリッジよりも長持ちします。
入れ歯の場合は4~5年程度、ブリッジの場合は7~8年程度といった具合です。

このように、ほかの人工歯よりも長持ちすることもインプラント治療を行うことで得られるメリットだといえます。

インプラント治療を選ぶデメリットはなんでしょうか?

インプラント治療を選ぶことにはメリットばかりではなく、いくつかのデメリットもあります。
ここからは、そのデメリットを5つ紹介します。

デメリット①治療期間が長い

インプラント治療にかかる期間は、基本的に4~6か月程度です。
入れ歯の場合は完成までに2~3か月程度かかり、ブリッジの場合は1~2週間程度で治療を終えられます。

このなかでもっとも治療期間が長いという点は、インプラント治療を選ぶデメリットだといえます。

デメリット②外科手術である

インプラント治療は外科手術であるため、入れ歯治療やブリッジ治療と比べると体への負担が大きいです。
そのため、健康状態によっては治療を受けられないこともあります。
また、手術では麻酔を使いますが、麻酔が苦手な方にとっては手術が苦痛になるかもしれません。

このように、治療ができる人とできない人が出てくることは、デメリットだといえるでしょう。

デメリット③保険が適用されない

インプラント治療は保険が適用されないため、治療費が高額になる傾向があります。
入れ歯治療やブリッジ治療よりも高額な費用がかかってしまうという点は、デメリットになるでしょう。

デメリット④金属アレルギーの反応が出る可能性がある

インプラント治療ではチタンという金属をあごの骨に埋め込むのですが、金属アレルギーを持っている場合は注意が必要です。
チタンは人の身体と親和性の高い金属なのでアレルギー反応を起こしにくいですが、チタンの質によってはアレルギー反応が出てしまうことがあります。
たとえば、安価な治療費で治療を受けられる歯医者では、純度の低いほかの金属との混合のチタンを用いていることが少なくありません。

金属アレルギーを持っても治療したいという方は、純度の高いチタンを使っている歯医者で治療を受ける必要があります。

デメリット⑤定期的なメンテナンスが必要

インプラント治療後は、定期的に歯医者でメンテナンスをしてもらう必要があります。
具体的には、噛み合わせの確認やインプラントとその周辺の歯の状態の確認をします。

メンテナンスをしないと劣化スピードが早くなり、寿命が短くなってしまうので、メンテナンスはしっかりと実施しなくてはなりません。

インプラント治療を選ぶメリット・デメリットを知り治療実施の判断をしよう

いかがでしたでしょうか。

失った歯を治療する方法としては入れ歯治療とブリッジ治療、インプラント治療の3つが挙げられます。
総じていえば、インプラント治療はもっとも身体に馴染みやすいですが、一方でそれなりの治療期間や治療費がかかるとまとめられます。
これからインプラント治療をしてみたいという方は、上記3つそれぞれのメリット・デメリットを理解しておくことが重要です。

きぬた歯科は年間3,000本のインプラントを埋入した実績のある歯医者です。
失った歯を治療したいという方は、ぜひご相談ください。