インプラント治療の失敗例やトラブル4選

インプラント治療における失敗例やトラブルには、以下のようなケースがあります。

失敗例①噛み合わせが悪くなった

インプラントを埋め込んだことにより、噛み合わせがかえって悪化することがあります。
通常、インプラント治療を行えば、時間の経過とともに噛み合わせの違和感はなくなりますが、まれに噛み合わせに慣れず、食べ物がうまく噛み切れない状態になる場合があります。

インプラント治療において噛み合わせが悪化する理由はさまざまですが、歯を被せた部分の締めつけが弱いことや、インプラントのサイズ自体が合っていないことが主な原因です。

失敗例②被せている人工歯が取れた・破損した

インプラント治療で取り付ける人工歯は、セラミックやプラスチックなどの素材でできている、文字通り人工的に作られた歯の部品です。
そのため、経年劣化により人工歯が取れたり破損したりする場合があります。

このようなトラブルが起きる原因は、噛み合わせが変わることによって一部の歯への負担が強くなることや、インプラントのメンテナンスを怠ったことなどが挙げられます。

インプラントの被せ物が割れた場合の費用はどれくらいでしょうか?

失敗例③インプラント周囲炎に感染した

インプラントと歯肉の間に細菌が侵入すると、歯茎が炎症を起こす「インプラント周囲炎」とよばれる症状を起こしてしまうことがあります。
インプラント周囲炎に感染すると、インプラントを埋め込んだ周囲が出血や化膿を起こし、歯茎が弱くなります。
そして、症状が重症化すると、インプラントが固定できなくなるほどの事態に発展することもあるので、重症化を防ぐためには早期発見、および治療が大切です。

インプラント周囲炎に感染する主な原因としては、歯周病がある状態でインプラント治療を受けることや、普段のメンテナンスが不足していることなどが挙げられます。

失敗例④痛みが長期的に続いている

インプラント治療を行う際は麻酔を使うので、麻酔が切れたあとには強い痛みを感じることがあります。
ただし、この痛みは数日以内には治まることがほとんどで、処方される痛み止めを服用すれば、基本的に大きなトラブルに発展することはありません。

しかし、痛みが長期的に続く場合は、インプラント体が適切に埋め込まれていない可能性や、細菌感染が進行している可能性が考えられます。

インプラントの治療に失敗した際にやっておくこと

インプラント治療に失敗した際には、以下のことを心がけましょう。

ポイント①治療を受けたクリニックに相談する

インプラントの治療後に違和感を覚えた場合は、まずは治療を受けたクリニックに相談しましょう。
トラブルの症状が軽度の場合や、体質に関係している場合であれば、短時間の処置や薬の服用で改善できることがあります。

ポイント②治療のやり直しを依頼する

インプラント周囲炎と診断された場合や、歯に強い痛みが続いている場合などは、インプラント治療のやり直しをクリニックに依頼しましょう。
保証制度が設定されているクリニックで治療を受けた場合は、無料でやり直しができることもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

インプラントには保証期間がありますか?

ポイント③返金を依頼する

インプラント治療における失敗の原因がクリニックにあり、なおかつ治療のやり直しを依頼しない場合は、治療費の返金に対応してくれるケースもあります。
ただし、「引っ越しによる転院」「クリニックの技術に不満がある」といった、個人的な都合によるケースでは、返金を依頼できない可能性が高いため注意が必要です。

インプラント治療後に違和感がある場合はクリニックにやり直しを依頼しよう

いかがでしたでしょうか。

インプラント治療後は、噛み合わせの悪化や歯の破損、インプラント周囲炎などのトラブルが生じることがあります。
インプラント治療後に違和感がある場合は、速やかに治療を受けたクリニックに相談しましょう。

また、トラブルの原因がクリニック側にある場合や、保証が設定されている場合などは、無料でやり直しができることもあるので、治療を受ける前に確認することをおすすめします。

きぬた歯科では、他院で施術を受けたインプラント治療の失敗やトラブルのやり直しにも対応しています。
豊富な経験と高い技術で、インプラントにおけるトラブルを解決いたしますので、まずはお気軽にご連絡ください。