インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯が完全に抜けて何もなくなってしまった場所に、チタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を取り付けるという治療方法のことです。

インプラントに用いられているチタンという素材は、骨と結合するという特徴があります。
そのため、埋め込んだインプラントが、あごの骨と結合さえすれば、自分の歯のように食べ物を噛むことができるようになります。

 

差し歯の治療とは

差し歯の治療は、表面上は歯がないように見えても、内部には歯根が残っているという場合に行われます。
「差し歯」という文字列から、歯が完全に抜けた場所に人工的な歯を差し込むというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実はそのイメージに近いのはインプラント治療のほうで、差し歯は歯根が残っているという状態でなければ行えない治療となります。

 

インプラントと差し歯の違い

ここからは、インプラント治療と差し歯での治療、それぞれの違いを解説します。

 

違い①費用

インプラントと差し歯では費用が大幅に異なります。
まず前提として、インプラントは自由診療に該当するため基本的には保険適用外ですが、差し歯は保険適用ができるということは覚えておきましょう。

 

インプラント治療の費用の相場

インプラントの相場は、人工歯根となる「インプラント体」と、その上に被せる「人工歯」を合わせて1本あたり30万~45万円程度です。
なお、当院きぬた歯科では、世界的に有名なストローマン・インプラントを、独自のルートで大量に仕入れることで、全国で最低レベルの料金を実現しています。
もっともリーズナブルな、金パラジウム合金とプラスチックを使ったものだと1本あたり32万円で治療が可能です。

インプラントの費用相場

 

差し歯治療の費用の相場

差し歯の相場は、保険適用で3割負担と仮定した場合、1本あたり3,000~1万円と非常にリーズナブルです。
また、見た目の美しさや安定性にこだわりたいという場合は保険適用外の自由診療も可能で、その場合の相場は1本あたり4万~20万円と幅があります。
これは、患者様ごとに最適な治療法や素材は異なり、どの組み合わせを選ぶのかによって費用が大きく左右されるためです。

 

違い②治療期間

インプラントは、最初の検査から治療が完了するまで、最短で2か月~最長で1年以上かかります。
対し、差し歯の治療は1~2か月程度で終わるという点も大きな違いです。

なぜインプラントの治療期間にここまで差があるのかというと、インプラント治療の場合は、あごの骨に十分な厚みがなければ骨を増やすための治療が別途必要になるためです。
元からあごの骨に十分な厚みがあり、埋め込んだインプラントもすぐに安定した場合は比較的すぐに治療が終わります。

ちなみに、当院きぬた歯科では、最短2か月でインプラントの治療が完了できます。

インプラントの治療期間はどれくらいかかるのでしょうか?

 

違い③寿命

インプラントよりも差し歯のほうが、費用が安く治療期間も短く済みます。
しかし、長い目でみた場合、治療した歯の寿命が長いのはインプラントのほうです。

以下にそれぞれの寿命をまとめました。

インプラントと差し歯それぞれの寿命

  • インプラント:10~15年以上
  • 差し歯(保険適用):5~8年程度
  • 差し歯(自由診療): 10~20年程度

上記はあくまでも目安のため、使用する素材や患者様の症状などの条件によって実際の寿命は異なります。
ただ、保険適用の差し歯の寿命がもっとも短いということはいえるでしょう。
また、自由診療の差し歯であっても、歯が薄い場合などは将来的に歯根が割れて、本来の寿命よりも短い期間で使えなくなってしまう可能性があります。

ちなみに、現在と同様の施術法でのインプラント治療を世界で初めて受けた方のインプラントは、ご本人が亡くなられるまでの40年間、正常に機能していたそうです。

インプラントの寿命はどれくらいなのでしょうか?

 

違い④メンテナンスの必要性

インプラント治療を行った場合は、治療が完了したあとも定期的なメンテナンスに通う必要があります。

なぜなら、インプラントを埋め込んだ場所では雑菌が繁殖しやすくなり、「インプラント周囲炎」とよばれる歯周病のような症状が出る可能性が高くなるためです。
定期的に歯医者でメンテナンスを受け、インプラント周囲炎の予防を行い、万が一症状がみられた場合は早めに治療を行う必要があります。
メンテナンスの有無によってもインプラントの寿命は左右されるため、治療後も定期的な通院が必要です。

一方で、差し歯の場合は、通常の歯磨き程度のメンテナンスを行えば十分です。

インプラントはメンテナンスが必要なのでしょうか?

 

違い⑤見た目

インプラントと保険適用の差し歯は、治療で取り付けた人工歯の見た目にも違いがあります。

インプラントや、自由診療の差し歯の場合は、ジルコニアやセラミックとよばれる素材を使うため、自然かつ美しい仕上がりになります。
汚れがつきにくいため、長期間使用を続けても変色しにくいという点も大きな特徴です。

一方で、保険適用で差し歯の治療を行う場合は、プラスチックの素材を使うため、インプラントや自由診療の差し歯よりも見た目はやや劣ります。
ある程度の年数が経つと、徐々に黒ずんでいくため、前歯など目立つ場所では変色が気になってしまうかもしれません。

 

インプラントと差し歯は、治療ができる前提となる条件から異なる

今回は、インプラントと差し歯の違いについて解説しました。
両者は一見似たようなものに感じられますが、インプラントは歯が完全にない状態で行う治療法であるのに対し、差し歯は歯根が残っている場合に行う治療法です。
このように、前提となる条件から異なるうえ、ほかにもさまざまな違いがあります。

「自分はインプラントと差し歯どちらを行うべきなのかわからない」
「インプラントに興味があるので相談だけでもしてみたい」
このようにお考えの方は、ぜひ当院きぬた歯科までご相談ください!
お口のチェックから歯科CT、カウンセリング、お見積もりまで無料で行っております。