インプラント治療における口内の違和感と原因

インプラント治療は、歯茎を切開し、あごの骨にドリルで穴をあけて「インプラント体」といわれる金属を埋め込み、そこに人口歯を被せることで、抜けてしまった歯を補う治療です。
虫歯の治療や親知らずの抜歯と比較すると、インプラント治療は体への負担が大きいため、治療後にはさまざまな違和感やトラブルが生じることがあります。

インプラント治療における口内の違和感の内容には、以下のようなものがあるので、参考にしてみてください。

違和感①痛みが長期的に続いている

インプラント手術を行う際は麻酔を使用します。
麻酔が切れたあとには強い痛みを感じることがありますが、この痛みは数日以内には治まるため、基本的にトラブルに発展することはありません。

しかし、治療から日数が経過しているにもかかわらず、鈍い痛みが続くことや、食べ物を噛んだ際に鋭い痛みを感じるということが、まれにあります。
このような痛みが発生する原因は、インプラントのサイズが合っていないことや、歯茎が炎症を起こしていることなどです。

違和感②歯茎が出血している・腫れている

インプラント体を埋め込んだ部分の歯肉が炎症を起こすことで、出血や腫れなどの症状が現れることがあります。
この症状は「インプラント周囲炎」という細菌感染症の一種で、インプラントと歯肉のあいだに細菌が侵入することで現れます。
インプラント周囲炎が重症化すると、歯肉が腫れてしまうことでインプラントが固定できなくなるほどの事態に発展することもあるため、早期の発見や治療が必要です。

インプラント周囲炎を発症する原因は、歯周病がある状態でインプラント治療を受けることや、普段のメンテナンス不足などです。

違和感③噛み合わせが悪化している

インプラントを埋め込むことにより、もともとの歯と新しく取り付けた人工歯の嚙み合わせが悪くなるということもまた、インプラント治療後にみられる違和感の1つです。」
基本的には、治療からしばらく時間が経過すれば噛み合わせの違和感はなくなりますが、まれに嚙み合わせの違和感がいつまでたっても解消されないという場合もあります。
噛み合わせが悪いと、食事の際に支障が出るだけでなく、肩こりや頭痛といった身体の不調につながる可能性もあるため、放置せずに対処することが望ましいです。

噛み合わせに違和感が生じる原因は、歯の型取りがうまくできていないことや、一部の歯への負担が強くなることで、インプラントが摩耗することなどです。

違和感④インプラントがぐらつく

インプラント治療の技術が低いクリニックで治療を受けると、インプラントがぐらつくことがあります。
インプラントがぐらつくと、食べ物をうまく噛めないことや、噛むたびに鋭い痛みが生じることにより、日常生活にも支障が出ます。

インプラントがぐらつく原因は、インプラント体が適切な位置や深さに埋め込まれていないことです。
また、インプラント体が適切に埋め込まれていても、インプラントの結合部分のネジが緩んでいる場合は、インプラントがぐらつくことがあります。

インプラント治療後にインプラントがぐらつくことはありますか?

インプラント治療後に違和感がある際にやること

インプラント治療後に生じる、口内の痛みや噛み合わせの悪化といった違和感を放置すると、治療をやり直す必要があるような深刻なトラブルに発展する可能性があります。
そのため、治療から時間が経っても口内の違和感がなかなか消えない場合は、個人で解決しようとせずに、治療を受けたクリニックに速やかに相談しましょう。

また、口内の違和感を大きなトラブルに発展させないためにも、普段の歯磨きだけではなく、継続的にクリニックに通ってメンテナンスを行うことをおすすめします。

インプラント治療後の違和感が長期的に続く場合は速やかにクリニックに相談しよう

いかがでしたでしょうか。

個人差はありますが、インプラント治療後は口内に違和感が生じることがあります。
具体的な違和感の内容としては、長期的な歯の痛みや噛み合わせの悪化などが挙げられますが、このような違和感は、時間の経過とともになくなることがほとんどです。

しかし、口内の違和感が長期的に続く場合は、口内の環境や治療自体に問題がある可能性が高いため、速やかに治療を受けたクリニックに相談しましょう。

技術の高いインプラント治療を受けたいという方は、きぬた歯科にお問い合わせください。
年間3,000本の治療を行う豊富な経験と、国内最高水準の高い技術で、満足のいくインプラント治療を行います。