MRI検査を受けられる・受けられないインプラントの種類

そもそも、なぜMRI検査ではインプラントがあるかどうかが問題になるのでしょうか。

それは、MRI検査が磁力を利用した検査方法であるからです。
インプラントの種類によっては金属製の物質が含まれている場合があるため、この金属がMRIの磁力に反応すると検査が正確に行われなくなるリスクがあります。

たとえば、MRI画像に歪みが生じたり、画質が落ちたりするといった弊害が挙げられます。
もしくは、MRIの強い磁場や電磁波によりインプラントに使われている金属の部分が外れたり、発熱したりするといったことも弊害の1つです。


MRI検査を受けられるインプラントの種類

インプラントの部品に使われる金属に、チタンが用いられている場合は、MRI検査を受けられます。
なぜかというと、チタンは非磁性体である、つまりは磁気を帯びていない物質であるからです。
非磁性体だとMRIが発する磁力に反応しないため、チタンが用いられているタイプであれば検査を受けても問題ありません。



MRI検査を受けられないインプラントの種類

インプラントの上部に磁石が付いているタイプや、チタン以外の物質を使っているタイプのインプラントを入れている場合、MRI検査を受けられない可能性があります。

まず、インプラント上部に磁石が付いている場合、MRIの発する磁力に反応してしまうため、MRI検査は受けられません。
仮に検査を受けるとすると、MRI画像に乱れが生じたり、インプラント自体に悪影響が及んだりする危険性が考えられます。

また、インプラントにはさまざまな種類がありますが、種類によってはチタン以外の金属を部品に用いていることもあります。
ただし、国内で販売されているものは原則として純チタンとチタン合金が使われているもののみなので、基本的には問題ないでしょう。
国外でインプラント治療を受けた方や海外在住の方が日本でMRI検査を受ける場合などには気をつけたほうがよいかもしれません。

インプラントを埋め込んでいても基本的にはMRI検査を受けられる

いかがでしたでしょうか。

インプラントの種類により、MRI検査を受けても問題ないかどうかが変わります。
基本的に、チタンが使われている場合には検査を受けても問題ありません。

ただし、インプラントの上部に磁石が付いているタイプや、チタン以外の物質を使っているタイプのインプラントを入れている場合は注意が必要です。
これらがあるとMRI検査に支障をきたす危険性があるので、自身がどの種類のものを使っているかをしっかりと把握しておきましょう。

きぬた歯科は東京都の八王子にある歯科医院です。
インプラント治療に関心のある方は、ぜひご相談ください。