抜歯即時インプラントとは?

抜歯即時インプラントは、抜歯と同時にあごの骨にインプラント体と呼ばれるチタン製のねじを埋め込む治療法のことです。
外科手術によってインプラント体を埋め込んだあとに、インプラントを支える金属であるアバットメントをインプラント体に取りつけます。

抜歯と同じタイミングで、アバットメントの取りつけまでを一気に行うため、手術が一度で済みます。

しかし、抜歯即時インプラントをするためには、あごの骨の厚みが十分にあることや歯周病ではないことなどの条件を満たさなければなりません。
抜歯即時インプラントはどの患者様にも行えるわけではないため、カウンセリングの際に歯科医師に相談しましょう。

抜歯即時インプラントの特徴

抜歯即時インプラントには、よいこともあれば、悪い点もあります。
以下に、抜歯即時インプラントのメリットとデメリットをそれぞれまとめました。

抜歯即時インプラントのメリット

抜歯即時インプラントの主なメリットとして、患者様の身体的負担が軽減できるということが挙げられます。
理由としては、従来のインプラント治療では手術を2回行うところを、抜歯即時インプラントでは1回の手術で済むからです。

また、抜歯と同時にインプラント治療を行うため、通院の回数や治療の期間を減らせることも抜歯即時インプラントのメリットです。
さらに、抜歯した直後は体の治癒力が高くなるため、抜歯した部位の骨の回復も早い傾向があります。

このように、手術や通院の回数も減らして患者様の身体的負担を大きく軽減できるので、抜歯即時インプラントはおすすめの治療法です。

抜歯即時インプラントのデメリット

抜歯即時インプラントには多くのメリットがある一方で、デメリットもいくつかあります。

たとえば、抜歯即時インプラントを行った際に、あごの骨が痩せている場合や歯ぐきに損傷がある場合は、手術の際に細菌に感染するリスクが考えられます。
歯ぐきに細菌が入り込むと、あごの骨とインプラント体が結合しないなどのトラブルが起こる可能性もあるため注意が必要です。

また、従来のインプラント治療と手術の方法が異なるため、歯科医師の技術力が治療の結果に大きく影響します。
専門的な知識がないと適切な治療が難しく、抜歯即時インプラントを行える歯科医師も限られるため、希望する歯科医師を見つけられない場合も多いです。

信頼できる歯科医師を探すためにも、治療を検討している歯科医院のホームページなどから、現在まで行ってきたインプラント治療の実績数などを確認するとよいでしょう。

抜歯即時インプラントの治療の流れ

抜歯即時インプラントでは、治療の段階が大きく6つに分かれています。
以下に、治療の流れをまとめました。

 

抜歯即時インプラントの治療の流れ

①あごの骨の厚みや歯周病を確認するための検査を行う

②検査の結果に問題がない場合、できるだけあごの骨を残しながら抜歯する

③抜歯後の穴をドリルで整えて、インプラント体をあごの骨に埋め込む

④アバットメントを歯ぐきから露出した状態で取りつける

⑤アバットメントに仮歯をつけて、あごの骨とインプラント体の結合を待つ

⑥3~5か月後に嚙み合わせなどに問題がなければ、インプラントを装着して完了

 

抜歯即時インプラントでは、歯ぐきの切開や縫合をする必要がないため、手術後の痛みや腫れが少ないケースが多いです。

抜歯後でも即時にインプラント治療を行うことは可能

いかがでしたでしょうか?

抜歯後でも、抜歯即時インプラントという治療法を受ければ即時にインプラント治療を行えます。

抜歯即時インプラントは、抜歯と同時にあごの骨にインプラント体を埋め込む治療法です。
手術が一度で済むことによって、患者様の身体的負担や通院の回数を減らせる点がメリットですが、歯周病ではないことなどの条件を満たさなければなりません。

抜歯即時インプラントはどの患者様にも行えるわけではないため、歯科医師に相談してから治療を受けることをおすすめします。

きぬた歯科は、抜歯即時も含めたインプラント治療の実績が豊富な歯科医院です。
治療の不安点などは、カウンセリングの際になんでも質問してください。