インプラントは虫歯にならない?

冒頭でご説明したように、インプラントは虫歯にはなりません。
なぜならインプラントは、人工の歯根と歯冠によって作られているためです。

なぜ、インプラントは虫歯にならないのか、まずは通常の歯が虫歯になる仕組みから理解していきましょう。
結論から申し上げますと、虫歯は酸によって歯が溶けてしまうことによって起こります。

口内にはつねに約1,000億~6,000億もの細菌が存在しており、なかには虫歯や歯周病などを誘発する細菌もいます。

細菌のなかでもミュータンスという細菌が、チョコレートや飴などの砂糖を含んだものを食べると、活発に働く特性を持っています。
砂糖を含んだ食べ物を食べたあと、口内に残った歯垢の中で酸が作られてしまうのです。
そしてミュータンスが作り出した酸が、歯を溶かすことで虫歯になってしまう、という仕組みです。

通常の歯であれば、細菌の働きによって歯が溶けることで虫歯になりますが、インプラント治療では人工的な歯を埋め込むため、酸に溶けることがありません。
そのため、インプラントが虫歯にならないという結果になるのです。



インプラントは歯周病にはなる?

インプラント周囲炎という症状を聞いたことはありますか?
インプラントは虫歯にはなりませんが、ケアを怠ることによってインプラント周囲炎とよばれる、歯周病によく似た症状を引き起こす可能性があります。

インプラント周囲炎とは、埋め込んだインプラントの周囲にある組織に炎症ができることで、腫れや出血が起こり得る疾患のことです。
症状が進むと痛みが伴う虫歯とは違って、周囲炎は痛みを伴わないことが多く、自覚症状が出づらい疾患です。
ただし、人によっては周囲炎になっている歯肉が腫れたり、歯肉から出血したりすることがあります。

そのため、虫歯にならないとはいっても、日々の歯磨きやうがいなどのケアは行うことが大切です。



インプラントのメンテナンス方法

最後に、インプラントをメンテナンスする際の5つのポイントを紹介します。



ポイント①歯磨きを丁寧に行う

インプラントも、通常の歯と同様に歯磨きをする必要があります。
ただし、なにも考えずに簡易な歯磨きをしてしまうと、磨き残しが出てくる可能性が高いです。

そのため、歯を丁寧に磨くことはもちろんですが、歯周炎にならないように歯茎も適度に磨くことが大切です。
力強くブラシを当てると歯茎が傷ついてしまうため、20回程度を目安として軽い力で歯茎を磨きましょう。



ポイント②喫煙を控える

タバコの煙は、歯周炎になる歯茎に悪い影響を与えます。

喫煙をしない人と比べて喫煙をする人のほうが、周囲炎になるリスクが高いといわれています。
必ず禁煙しなければならないというわけではありませんが、できるだけ1日にタバコを吸う本数を少なくすることや禁煙の努力をすることなどの工夫は必要だといえるでしょう。
タバコを1本でも吸う人は、周囲炎になるリスクがゼロになることはありません。

目先のことではなく、10年後もインプラントを長持ちさせられるように日々の行動を意識しましょう。



ポイント③健康管理を行う

インプラント周囲炎は口内の清潔状態だけではなく、体内の疾患状況によっても悪化しやすいです。

たとえば、糖尿病や骨粗しょう症などのように、全身に広がるような疾患があると、よりインプラント周囲炎の症状が悪化しやすくなってしまいます。
そのため、つねに健康を維持できるように、健康管理には気をつけなければなりません。

もし、すでに疾患がある方は、少しでも改善できるように努めましょう。
疾患を悪化させないようにコントロールすることが大切です。



ポイント④噛み合わせをコントロールする

噛み合わせの力が強すぎると、インプラントだけではなく骨にも圧力がかかります。
骨に圧力がかかると、あごの骨が少しずつ傷ついてしまい、インプラント自体が壊れてしまう可能性もあるのです。

特に、歯ぎしりをよくするという自覚がある方は、マウスピースをつけることや歯科医院に相談することなど、工夫をしましょう。



ポイント⑤歯科医院で定期検診を受ける

インプラントを埋め込んだあとは、定期的に歯科医院で検診を受けましょう。
定期健診では、口内の健康状態の確認やレントゲン検査、ブラッシングの指導やクリーニングなどのメンテンナンスを行ってもらえます。

自分の歯磨きは磨き残しがないのか、またインプラントの状態はよいのかなどを、プロの目線で確認してもらうことで、インプラントを長く使うためのアドバイスになります。

定期健診の費用は歯科医院によって異なりますが、5,000円程度です。
どのくらいの費用になるのかは、担当医師に確認しておくことをおすすめします。



インプラントは虫歯にはならないが周囲炎になる可能性がある

いかがでしたでしょうか?

インプラントは通常の歯と違って、歯垢に含まれている細菌の酸に溶けないため虫歯になることはありませんが、周囲炎という炎症になる可能性があります。

周囲炎にならないためには、口内を清潔に保つことがもっとも大切です。
インプラントを長く使えるように、歯磨きを丁寧に行うことや喫煙を控えることなど、個人でのケアも行いましょう。
また、費用はかかりますが、プロの目線で確認してもらえるので定期的に検診を受けることをおすすめします。

インプラント治療に圧倒的な実績を持つきぬた歯科では、アフターメンテナンスも充実しています。
日々のメンテナンスだけでは不安な方でも、ぜひご相談ください。