インプラント治療後に歯磨きが大切な理由

インプラントは、人工の歯なので虫歯になることはありません。
しかし、治療が完了してインプラントが安定したら、ほかの歯と同様にしっかりと歯磨きをする必要があります。

なぜなら、インプラントを埋め込んだ場所はインプラント周囲粘膜炎、およびインプラント周囲炎といった歯周病によく似た症状が起こりやすくなるためです。
いずれの症状も、インプラントの周囲にたまった歯垢や歯石のなかで細菌が繁殖することで引き起こされます。

インプラント周囲粘膜炎では、インプラントの周囲の歯茎が赤く腫れ、歯磨きをしたときに出血するといった症状がみられます。
そして、インプラント周囲粘膜炎をそのまま放置していると、インプラント周囲炎に発展するのです。
インプラント周囲炎はより症状が重く、炎症が骨まで進行することによって、埋め込んだインプラントがグラグラと揺れ、最悪の場合は抜け落ちてしまうということがあります。

日本歯周病学会が発表した資料によると、インプラント治療を行った患者のうち、33.3%がインプラント周囲粘膜炎を、4.7%がインプラント周囲炎をそれぞれ発症しています。
これは決して少ない数値ではないため、治療後はしっかりと歯磨きを行って、症状を防ぐことが大切です。

参照:歯周病患者における口腔インプラント治療指針およびエビデンス2018 – 日本歯周病学会


インプラント治療の段階ごとに歯磨きで注意したいこと

インプラント治療は一度の手術だけですべてが完了するわけではなく、最低でも2か月、長くて半年ほどの期間をかけて行われます。
治療の段階によってお口の中の状態が異なるため、各段階で歯磨きにおいて気をつけることも少しずつ異なります。

以下に、インプラント治療の段階別に歯磨きのポイントをまとめました。


インプラントを埋めて間もないころ

通常、2回法と呼ばれる治療では、最初の手術でインプラント体をあごの骨に埋め込み、そのまま歯肉を縫合して一旦閉じます。
そのため、初回の手術が終わったばかりの段階では、まだ歯がない状態で、インプラント体を埋め込んだ場所も傷口になっています。

傷口に刺激を与えると炎症が悪化する可能性があるため、インプラントを埋め込んだ場所にはできるだけ触れず、また、うがいもやさしく行いましょう。
治療を行った箇所以外の歯は通常通り磨いて問題ありませんが、傷口に刺激を与えないように、柔らかい歯ブラシを使ってやさしく磨いてあげてください。

また、傷口から細菌が入り込むことでも炎症が起きてしまう可能性があるため、細菌が繁殖する原因となる歯垢は、デンタルフロスを用いて、可能な限り取り除きましょう。


上部構造(人工歯)の装着後

初回の手術で埋め込んだインプラントが安定したら、2回目の手術を行います。
2回目の手術では、縫合した歯肉を再度切開し、なかにあるインプラントに人工歯を取り付けて、歯が使える状態にします。

この手術を行ったあとは、取り付けた人工歯も通常の歯と同じく磨くようにしましょう。

ただし、手術直後は歯肉の切開した箇所はまだ傷の状態で、やはり炎症が起きやすくなっています。
そのため、しばらくは毛の柔らかい歯ブラシを使って歯を磨き、傷が治ってきたら少しずつ毛の硬い歯ブラシに変えていきましょう。
傷の治るスピードは患者様によって異なるため、歯ブラシを変えるタイミングは、歯科医にご相談されることをおすすめします。


治療が完了したあと

治療が完了し、通常の歯と同じようにインプラントを使えるようになってからは、通常の歯磨きを行えば問題ありません。
ただし、通常の歯の歯周病に加え、インプラント周囲粘膜炎やインプラント周囲炎が起こるリスクがあるため、より丁寧にしっかりと歯磨きをする必要はあります。
これまでは歯磨き粉と歯ブラシのみを使って歯を磨いていたという方も、今後はデンタルフロスや歯間ブラシを使うことを視野に入れましょう。

また、どれだけご自身で歯磨きを丁寧に行っていても、残念ながらインプラント周囲粘膜炎やインプラント周囲炎を完全に防げるわけではありません。
そのため、治療後も定期的に歯科医院に通院し、インプラントのメンテナンスを受けましょう。
メンテナンスでは、治療箇所の状態の確認だけでなく、専門の器具を用いた歯のお掃除も行うため、歯磨きではケアが行き届かなかった部分までキレイにできます。


インプラント治療後のトラブルを防ぐために歯磨きはしっかりと行おう

今回は、インプラント治療後の歯磨きのポイントを紹介しました。

手術を行った直後は、歯肉の傷口がまだふさがっておらず、ちょっとした刺激や細菌が原因で炎症を起こしやすい状態になっています。
そのため、歯磨きの際は治療箇所に触れないのはもちろんのこと、毛の柔らかい歯ブラシを使って、傷口にできるだけ刺激を与えないようにしましょう。

また、治療が終わってからは、インプラント周囲粘膜炎やインプラント周囲炎といった症状を防ぐために、しっかりと歯を磨く必要があります。
トラブルの予防には、セルフケアでの歯磨きと、歯科医院のメンテナンスを併用することが大切ですので、メンテナンスには必ず通いましょう。

きぬた歯科では、当院でインプラント治療を受けられた方のメンテナンスを無料で行っております。
インプラント治療をご検討されている方はぜひ一度、無料カウンセリングへお越しください。